受賞結果&ノミネート一覧

ドラマ部門
リミテッド・シリーズ部門
テレビ映画部門
コメディ部門

ドラマ部門

作品賞
主演男優賞主演女優賞
助演男優賞助演女優賞

2022年 ドラマ部門
部門 受賞 ノミネート
作品賞
(ドラマ部門)
「メディア王~華麗なる一族」

(第3期、HBO)

メディア王~華麗なる一族

 予告編→

配信:U-NEXT

※2020年にシーズン2で受賞したのに続き、2度目の栄冠となった。米国の巨大メディア企業の後継者争いを、ユーモアを交えて描く。4人の息子・娘による骨肉の愛憎劇。陰謀と策略がうずまく。
  • 「イカゲーム」
    (第1期、Netflix)
    イカゲーム
    【韓国】
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※非英語作品で初めてのドラマ作品賞ノミネートを果たした。人生崖っぷちの人々が、「負ければ即死亡」という恐怖のゲームに挑む。極限状況に置かれた人間の行動をあぶり出す。

  • 「オザークへようこそ」
    (第4期=最終期、Netflix)
    オザークへようこそ
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※人気シリーズの完結編。麻薬王に追い詰められたサラリーマンが、家族を巻き込み犯罪行為に手を染める物語が、ついに幕を閉じる。

  • 「ベター・コール・ソウル」
    (第6期、AMC)
    ベター・コール・ソウル
     予告編→
    配信:アマゾン
    吹替版

  • 「セヴェランス」
    (第1期、Apple)
    セヴェランス
     予告編(英語)→
    配信:アップル

  • 「イエロージャケッツ」
    (第1期、ショウタイム)
    イエロージャケッツ
     予告編→
    配信:U-NEXT

  • 「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
    (第4期、Netflix)
    ストレンジャー・シングス 未知の世界
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※シーズン3の激闘から6カ月。離ればなれになって高校生活を始めたウィルら5人が、新たな超常現象に遭遇する。
  • 「ユーフォリア/EUPHORIA」
    (第2期、HBO)
    ユーフォリア/EUPHORIA
     予告編→
    配信:アマゾン

 ※歴代のドラマ作品賞→

▲ ドラマ部門の先頭へ
主演男優賞
(ドラマ部門)
イ・ジョンジェ

「イカゲーム」
(シーズン1、Netflix)

イ・ジョンジェ

アジア人として史上初めての受賞。
ギャンブル狂の主人公を演じた。滑稽で愛嬌のある人物像は、イカゲームの残酷なストーリーを、親しみやすい大衆エンタメ作へと転換させた。 絶体絶命のピンチに置かれたときの恐怖や迷いを見事に体現した。
1972年ソウル生まれ。韓国の映画やテレビの賞で数々の受賞歴を重ねてきた実力派。

受賞歴(wiki)→
  • ボブ・オデンカーク
    「ベター・コール・ソウル」
    ボブ・オデンカーク

  • ジェレミー・ストロング
    「メディア王~華麗なる一族」
    ジェレミー・ストロング

  • ブライアン・コックス
    「メディア王~華麗なる一族」
    ブライアン・コックス

  • ジェイソン・ベイトマン
    「オザークへようこそ」
    ジェイソン・ベイトマン

  • アダム・スコット
    「セヴェランス」
    アダム・スコット

 ※歴代の主演男優賞→

▲ ドラマ部門の先頭へ
主演女優賞
(ドラマ部門)
ゼンデイア

「ユーフォリア/EUPHORIA」

ゼンデイア
  • メラニー・リンスキー
    「イエロージャケッツ」
    メラニー・リンスキー

  • ローラ・リニー
    「オザークへようこそ」
    ローラ・リニー

  • リース・ウィザースプーン
    「ザ・モーニングショー」
    リース・ウィザースプーン

  • サンドラ・オー
    「キリング・イヴ/Killing Eve」
    サンドラ・オー

  • ジョディ・カマー
    「キリング・イヴ/Killing Eve」
    ジョディ・カマー

 ※歴代の主演女優賞→

▲ ドラマ部門の先頭へ
助演男優賞
(ドラマ部門)
マシュー・マクファディン

「メディア王~華麗なる一族」

マシュー・マクファディン
  • キーラン・カルキン
    「メディア王~華麗なる一族」
    キーラン・カルキン

  • オ・ヨンス
    「イカゲーム」
    ※おじいちゃん役
    オ・ヨンス

  • パク・ヘス
    「イカゲーム」
    ※主人公の幼なじみ役
    パク・ヘス

  • ビリー・クラダップ
    「ザ・モーニングショー」
    ビリー・クラダップ

  • ニコラス・ブラウン
    「メディア王~華麗なる一族」
    ニコラス・ブラウン

  • ジョン・タトゥーロ
    「セヴェランス」
    ジョン・タトゥーロ

  • クリストファー・ウォーケン
    「セヴェランス」
    クリストファー・ウォーケン

 ※歴代の助演男優賞→

▲ ドラマ部門の先頭へ
助演女優賞
(ドラマ部門)
ジュリア・ガーナー

「オザークへようこそ」

ジュリア・ガーナー
  • サラ・スヌーク
    「メディア王~華麗なる一族」
    サラ・スヌーク

  • チョン・ホヨン
    「イカゲーム」
    チョン・ホヨン

  • J・スミス=キャメロン
    「メディア王~華麗なる一族」
    J・スミス=キャメロン

  • クリスティーナ・リッチ
    「イエロージャケッツ」
    クリスティーナ・リッチ

  • レイ・シーホーン
    「ベター・コール・ソウル」
    レイ・シーホーン

  • パトリシア・アークエット
    「セヴェランス」
    パトリシア・アークエット

  • シドニー・スウィーニー
    「ユーフォリア/EUPHORIA」
    シドニー・スウィーニー

 ※歴代の助演女優賞→

▲ ドラマ部門の先頭へ

リミテッド・シリーズ部門

作品賞
主演男優賞主演女優賞
助演男優賞助演女優賞

2022年 リミテッド・シリーズ部門
部門 受賞 ノミネート
作品賞
(リミテッド・シリーズ部門)
「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」

(HBO)

ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル

 予告編→

配信:U-NEXT
  • 「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    (米Hulu)
    DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機
     予告編→
    【配信:ディズニープラス
    ※麻薬性のある痛み止め薬(オピオイド)の登場によって、米国で薬物中毒者が急増した。その悲劇と、背後にある製薬会社の陰謀を描く。実話ベースのドラマ。1986年から2005年までの米国が舞台。製薬会社の不正を追及しようとする捜査官や、自ら中毒患者になってしまった町医者など、様々な人間ドラマを追う群像劇。スリリングな展開で、娯楽性もたっぷり。

  • 「ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女」
    (米Hulu)
    ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女
     予告編→
    【配信:ディズニープラス

  • 「令嬢アンナの真実」
    (Netflix)
    令嬢アンナの真実
     予告編→
    配信:ネトフリ

  • 「パム&トミー」
    (米Hulu)
    パム&トミー
     予告編→
    【配信:ディズニープラス

 ※歴代のリミテッド・シリーズ作品賞→

▲ リミテッド・シリーズ部門の先頭へ
主演男優賞
(リミテッド&テレビ映画)
マイケル・キートン

「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」

マイケル・キートン
  • オスカー・アイザック
    「ある結婚の風景」
    オスカー・アイザック

  • アンドリュー・ガーフィルド
    「Under the Banner of Heaven」
    アンドリュー・ガーフィルド

  • コリン・ファース
    「ザ・ステアケース」
    コリン・ファース

  • セバスチャン・スタン
    「パム&トミー」
    セバスチャン・スタン

  • ヒメーシュ・パテル
    「ステーション・イレブン」
    ヒメーシュ・パテル

 ※歴代の受賞者→

▲ リミテッド・シリーズ部門の先頭へ
主演女優賞
(リミテッド&テレビ映画)
アマンダ・サイフリッド

「ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女」

アマンダ・サイフリッド
  • リリー・ジェームズ
    「パム&トミー」
    リリー・ジェームズ

  • マーガレット・クアリー
    「メイドの手帖」
    マーガレット・クアリー

  • ジュリア・ガーナー
    「令嬢アンナの真実」
    ジュリア・ガーナー

  • サラ・ポールソン
    「弾劾:アメリカン・クライム・ストーリー」
    サラ・ポールソン

  • トニ・コレット
    「ザ・ステアケース」
    トニ・コレット

 ※歴代の受賞者→

▲ リミテッド・シリーズ部門の先頭へ
助演男優賞
(リミテッド&テレビ映画)
マレー・バートレット

「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」

マレー・バートレット
  • ピーター・サースガード
    「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    ※地方の検事役
    ピーター・サースガード

  • マイケル・スタールバーグ
    「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    ※製薬会社の経営者役
    マイケル・スタールバーグ

  • ウィル・ポールター
    「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    ※製薬会社の営業マン役
    ウィル・ポールター

  • セス・ローゲン
    「パム&トミー」
    セス・ローゲン

  • スティーヴ・ザーン
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    スティーヴ・ザーン

  • ジェイク・レイシー
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    ジェイク・レイシー

▲ リミテッド・シリーズ部門の先頭へ
助演女優賞
(リミテッド&テレビ映画)
ジェニファー・クーリッジ

「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」

ジェニファー・クーリッジ
  • ケイトリン・デバー
    「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    ※炭鉱町の一家の娘役
    ケイトリン・デバー

  • メア・ウィニンガム
    「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
    ※炭鉱町の一家の母親役
    メア・ウィニンガム

  • コニー・ブリットン
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    コニー・ブリットン

  • アレクサンドラ・ダダリオ
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    アレクサンドラ・ダダリオ

  • ナターシャ・ロスウェル
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    ナターシャ・ロスウェル

  • シドニー・スウィーニー
    「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
    シドニー・スウィーニー

▲ リミテッド・シリーズ部門の先頭へ

テレビ映画部門

2022年 テレビ映画部門
部門 受賞 ノミネート
作品賞
(テレビ映画部門)
「チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ」

(ディズニー)

チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

 予告編→

 予告編(日本語吹替版)→

【配信:ディズニープラス

コメディ部門

作品賞
主演男優賞主演女優賞
助演男優賞助演女優賞

2022年 コメディ部門
部門 受賞 ノミネート
作品賞
(コメディ部門)
「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

(第2期、Apple)

テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく

 予告編→

配信:アップル

※前年に続き2連覇。アメフトのコーチが門外漢のサッカーのコーチに転身。落ちぶれた英国の名門チームを立て直すべく、奔走する。シーズン2では、主要キャラクターの内面が掘り下げられ、再び高評価を得た。主演のジェイソン・サダイキスは、企画・製作・脚本も担当する。

 ※歴代のコメディ作品賞→

▲ コメディ部門の先頭へ
主演男優賞
(コメディ部門)
ジェイソン・サダイキス

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

ジェイソン・サダイキス
  • ビル・ヘイダー
    「バリー」
    ビル・ヘイダー

  • スティーブ・マーチン
    「マーダーズ・イン・ビルディング」
    スティーブ・マーティン

  • マーチン・ショート
    「マーダーズ・イン・ビルディング」
    マーティン・ショート

  • ドナルド・グローバー
    「アトランタ」
    ドナルド・グローバー

  • ニコラス・ホルト
    「THE GREAT~エカチェリーナの時々真実の物語」
    ニコラス・ホルト

 ※歴代の主演男優賞→

▲ コメディ部門の先頭へ
主演女優賞
(コメディ部門)
ジーン・スマート

「Hacks」

ジーン・スマート
  • クインタ・ブランソン
    「アボット・エレメンタリー」
    クインタ・ブランソン

  • レイチェル・ブロズナハン
    「マーベラス・ミセス・メイゼル」
    レイチェル・ブロズナハン

  • ケイリー・クオコ
    「フライト・アテンダント」
    ケイリー・クオコ

  • イッサ・レイ
    「インセキュア」
    イッサ・レイ

  • エル・ファニング
    「THE GREAT~エカチェリーナの時々真実の物語」
    エル・ファニング

 ※歴代の主演女優賞→

▲ コメディ部門の先頭へ
助演男優賞
(コメディ部門)
ブレット・ゴールドスタイン

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

ブレット・ゴールドスタイン
  • ヘンリー・ウィンクラー
    「バリー」
    ヘンリー・ウィンクラー

  • トニー・シャルーブ
    「マーベラス・ミセス・メイゼル」
    トニー・シャルーブ

  • アンソニー・キャリガン
    「バリー」
    アンソニー・キャリガン

  • ボウエン・ヤン
    「サタデー・ナイト・ライブ」
    ボウエン・ヤン

  • ニック・モハメッド
    「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
    ニック・モハメッド

  • トヒーブ・ジモー
    「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
    トヒーブ・ジモー

  • タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ
    「アボット・エレメンタリー」
    タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ

 ※歴代の助演男優賞→

▲ コメディ部門の先頭へ
助演女優賞
(コメディ部門)
シェリル・リー・ラルフ

「アボット・エレメンタリー」

シェリル・リー・ラルフ
  • ジャネル・ジェームズ
    「アボット・エレメンタリー」
    ジャネル・ジェームズ

  • ハンナ・ワディンガム
    「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
    ハンナ・ワディンガム

  • ハンナ・アインバインダー
    「Hacks」
    ハンナ・アインバインダー

  • アレックス・ボースタイン
    「マーベラス・ミセス・メイゼル」
    アレックス・ボースタイン

  • ジュノー・テンプル
    「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
    ジュノー・テンプル

  • ケイト・マッキノン
    「サタデー・ナイト・ライブ」
    ケイト・マッキノン

  • サラ・ナイルズ
    「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
    サラ・ナイルズ

 ※歴代の助演女優賞→

▲ コメディ部門の先頭へ

その他の主な受賞者

部門 作品名
ゲスト女優賞
(ドラマ部門)
「イカゲーム」
 イ・ユミ
スタント賞
(ドラマ部門)
「イカゲーム」
視覚効果賞
(ドラマ部門)
「イカゲーム」
美術賞
(ドラマ部門)
「イカゲーム」
ナレーター賞  オバマ元大統領
「グレイト・ナショナルパーク 驚きに満ちた世界」
アニメ賞 「アーケイン」
 (Netflix)

アーケイン

 シーズン1の第6話
「壁が崩れ去る時」

配信:ネトフリ
作品賞
(ドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門)
「ザ・ビートルズ:Get Back」
監督賞
(ドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門)
「ザ・ビートルズ:Get Back」
 (パート3)

 ピーター・ジャクソン
編集賞
(ドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門)
「ザ・ビートルズ:Get Back」
音響編集(サウンド・エディティング)賞
(ドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門)
「ザ・ビートルズ:Get Back」
音響(サウンド・ミキシング)賞
(ドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門)
「ザ・ビートルズ:Get Back」

2022年エミー賞の選考・発表・放送の日程

2022年のエミー賞は、9月13日に発表されました。

日時 スケジュール
選考対象となる作品の放送日 2021年6月1日~2022年5月末
ノミネート発表 【現地時間(米西海岸の夏時間)】
2022年7月12日(火)
マイナー部門や技術部門の受賞者発表 【現地時間(米西海岸の夏時間)】
2022年9月3日、4日
授賞式(結果発表) 【日本時間】
2022年9月13日(火)9時~12時

【現地時間(米西海岸の夏時間)】
2022年9月12日(月)17時~20時

ノミネートから漏れた有力作品・人物

ノミネートを期待されていたものの、エミー賞のノミネートから漏れた有力作品・人物の一覧です。

ドラマ作品賞

主演男優賞
(ドラマ部門)

  • スターリング・K・ブラウン
    「THIS IS US/ディス・イズ・アス」
    スターリング・K・ブラウン

主演女優賞
(ドラマ部門)

  • ジェニファー・アニストン
    「ザ・モーニングショー」
    ジェニファー・アニストン

  • マンディ・ムーア
    「THIS IS US/ディス・イズ・アス」
    マンディ・ムーア

助演男優賞
(ドラマ部門)

  • ジャンカルロ・エスポジート
    「ベター・コール・ソウル」
    ジャンカルロ・エスポジート

リミテッド・シリーズ作品賞

主演男優賞
(リミテッド・テレビ映画部門)

  • ベン・フォスター
    「The Survivor」
    ベン・フォスター

  • ポール・ベタニー
    「A Very British Scandal」
    ポール・ベタニー

主演女優賞
(リミテッド・テレビ映画部門)

  • ジェシカ・チャステイン
    「ある結婚の風景」
    ジェシカ・チャステイン

  • クレア・フォイ
    「A Very British Scandal」
    クレア・フォイ

助演男優賞
(リミテッド・テレビ映画部門)

  • ナヴィーン・アンドリュース
    「ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女」
    ナヴィーン・アンドリュース

  • ニック・ロビンソン
    「メイドの手帖」
    ニック・ロビンソン

  • ウィリアム・H・メイシー
    「ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女」
    ィリアム・H・メイシー

助演女優賞
(リミテッド・テレビ映画部門)

  • アンディ・マクダウェル
    「メイドの手帖」
    アンディ・マクダウェル

  • ローリー・メトカーフ
    「ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女」
    ローリー・メトカーフ

テレビ映画作品賞

  • 「フォールアウト」
    (HBO)
    フォールアウト
     予告編→

  • 「フレッシュ」
    (米Hulu)
     予告編→
    【配信:ディズニープラス】

コメディ作品賞

主演男優賞
(コメディ部門)

  • アンソニー・アンダーソン
    「ブラッキッシュ」
    アンソニー・アンダーソン

助演男優賞
(コメディ部門)

  • キーナン・トンプソン
    「サタデー・ナイト・ライブ」
    キーナン・トンプソン

  • ブライアン・タイリー・ヘンリー
    「アトランタ」
    ブライアン・タイリー・ヘンリー

助演女優賞
(コメディ部門)

  • サラ・ゴルドベルク
    「バリー」
    サラ・ゴルドベルク