2020年代

ドラマ作品賞

受賞 ノミネート
2022 「メディア王~華麗なる一族」

(第3期、HBO)

メディア王~華麗なる一族

 予告編→

配信:U-NEXT

※2020年にシーズン2で受賞したのに続き、2度目の栄冠となった。米国の巨大メディア企業の後継者争いを、ユーモアを交えて描く。4人の息子・娘による骨肉の愛憎劇。陰謀と策略がうずまく。
  • 「イカゲーム」
    (第1期、Netflix)
    イカゲーム
    【韓国】
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※非英語作品で初めてのドラマ作品賞ノミネートを果たした。人生崖っぷちの人々が、「負ければ即死亡」という恐怖のゲームに挑む。極限状況に置かれた人間の行動をあぶり出す。

  • 「オザークへようこそ」
    (第4期=最終期、Netflix)
    オザークへようこそ
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※人気シリーズの完結編。麻薬王に追い詰められたサラリーマンが、家族を巻き込み犯罪行為に手を染める物語が、ついに幕を閉じる。

  • 「ベター・コール・ソウル」
    (第6期、AMC)
    ベター・コール・ソウル
     予告編→
    配信:アマゾン
    吹替版

  • 「セヴェランス」
    (第1期、Apple)
    セヴェランス
     予告編(英語)→
    配信:アップル

  • 「イエロージャケッツ」
    (第1期、ショウタイム)
    イエロージャケッツ
     予告編→
    配信:U-NEXT

  • 「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
    (第4期、Netflix)
    ストレンジャー・シングス 未知の世界
     予告編→
    配信:ネトフリ
    ※シーズン3の激闘から6カ月。離ればなれになって高校生活を始めたウィルら5人が、新たな超常現象に遭遇する。
  • 「ユーフォリア/EUPHORIA」
    (第2期、HBO)
    ユーフォリア/EUPHORIA
     予告編→
    配信:アマゾン
2021 「ザ・クラウン」

(シーズン4、Netflix)

 予告編(Youtube)→

 動画配信(Netflix)→

ザ・クラウン

※現役の英国女王エリザベス2世の半生を描くシリーズ。エミー賞の常連。シーズン4では、ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚などがテーマとなる。「鉄の女」と呼ばれたサッチャー首相も、面白おかしく描かれている。
  • 「ザ・ボーイズ」
    (シーズン2、Amazon)
    ※アクション大作。堕落したヒーローに立ち向かうアウトロー集団「ザ・ボーイズ」を描く。 ザ・ボーイズはヒーローたちの腐敗を暴き、対決する地下組織。 痛快な反ヒーロー物語である。米Amazonオリジナルドラマ史上、最高視聴回数を記録した。
     予告編→
     動画配信(字幕版/Amazon)→
  • 「ラヴクラフト・カントリー 恐怖の旅路」
    (シーズン1、HBO)
    ※小説家H・P・ラヴクラフト(1890年~1937年)の物語を愛する黒人青年が主人公。 ラヴクラフトは、怪奇・幻想文学の作家で、SFホラーマニアに絶大な人気を博している。
    1950年代のアメリカを舞台に、主人公が旅の道中で出会う白人至上主義者(レイシスト)やモンスターを描く。 モンスターがもたらす恐怖と、現代の黒人差別の恐怖を重ねあわせている。
     予告編(Youtube)→
     動画配信(U-NEXT)→
  • 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
    (シーズン4、Hulu)
    ※暗黒の未来を描くシリーズ。管理社会で自由を奪われた女性が強く生き抜く。シーズン1が、2017年エミー賞で作品賞や主演女優賞など8部門を制覇した。
     予告編(Youtube)→
  • 「THIS IS US/ディス・イズ​・アス」
      (シーズン5、NBC)
    ※同じ日に生まれた3人の男女と、その父母をめぐる群像劇。36歳の誕生日から始まり、1年ごとに軌跡をつづる。 シーズン5で、3人は40歳の誕生日を迎えた。コロナの影響を受け、環境も大きく変化する。
     予告編→
     動画配信(字幕版/Amazon)→
     動画配信(吹替版/Amazon)→
  • 「マンダロリアン」
    (シーズン2、ディズニー)
    ※SF映画「スター・ウォーズ」シリーズで初の実写テレビドラマ。往年のファンの多くを納得させた力作となった。映画の「エピソード6」の結末の5年後が舞台。
     予告編(Youtube)→
     動画配信(ディズニープラス)→
     宇多丸と高橋ヨシキの解説【ネタバレ有】→
  • 「ブリジャートン家」
    (シーズン1、Netflix)
     予告編→
     動画配信(Netflix)→
  • 「Pose/ポーズ」
     (シーズン3、FX)
     動画配信(字幕版/Amazon)→
2020 メディア王~華麗なる一族

(シーズン2、HBO)

 予告編(Youtube)→

 動画配信(字幕版:Amazon)→

 動画配信(吹替版:Amazon)→

ルパート・マードック(FOX)や渡辺恒雄(読売新聞)がかわいく見えるほどの傍若無人な「メディア王」が主人公。 たたき上げのオーナー経営者らしい老獪ぶりと老害が描かれる。 そして、その後継者の座をめぐり、 息子2人と娘が低俗な争いを展開する。 甘やかされて育った子供たちの非常識ぶりが目をひく。

舞台となるメディア企業は、上場企業という設定だが、 まるで非上場の同族会社のように、 オーナー一族がやりたい放題に経営する。

2010年代

2010~2019年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
2019 ゲーム・オブ・スローンズ

 (シーズン8、HBO)

 予告編→

 動画配信(字幕版/Amazon)→

 動画配信(吹替版/Amazon)→
2018 ゲーム・オブ・スローンズ

 予告編→

 動画配信(字幕版/Amazon)→

 動画配信(吹替版/Amazon)→
2017 ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語

 予告編→
2016 「ゲーム・オブ・スローンズ」

 予告編→

 動画配信(字幕版/Amazon)→

 動画配信(吹替版/Amazon)→
  • 「ダウントン・アビー」
  • 「HOMELAND/ホームランド」
  • 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
  • 「MR. ROBOT / ミスター・ロボット」
  • 「ジ・アメリカンズ」
2015 「ゲーム・オブ・スローンズ」

 予告編→

 動画配信(字幕版/Amazon)→

 動画配信(吹替版/Amazon)→
  • 「ベター・コール・ソウル」
  • 「ダウントン・アビー」
  • 「ホームランド」
  • 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
  • 「MAD MEN マッドメン」
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」
2014 ブレイキング・バッド
予告編→Netflix→
  • 「ダウントン・アビー」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」
  • 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
  • 「MAD MEN マッドメン」
  • 「トゥルー・ディテクティブ/二人の刑事」
2013 ブレイキング・バッド
予告編→Netflix→
  • 「ダウントン・アビー」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」
  • 「ホームランド」
  • 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
  • 「MAD MEN マッドメン」
2012 ホームランド
予告編→Amazon→
  • 「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」
  • 「ブレイキング・バッド」
  • 「ダウントン・アビー」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」
  • 「MAD MEN マッドメン」
2011 MAD MEN マッドメン
予告編→Amazon→
  • 「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」
  • 「デクスター ~警察官は殺人鬼」
  • 「フライデー・ナイト・ライツ」
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」
  • 「グッド・ワイフ」
2010 MAD MEN マッドメン
予告編→Amazon→
  • 「ブレイキング・バッド」
  • 「デクスター ~警察官は殺人鬼」
  • 「グッド・ワイフ」
  • 「ロスト」
  • 「トゥルーブラッド」

2000年代

2000年~2009年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
2009 MAD MEN マッドメン
予告編→Amazon→
  • 「ビッグ・ラブ」
  • 「ブレイキング・バッド」
  • 「ダメージ」
  • 「デクスター~警察官は殺人鬼」
  • 「ドクター・ハウス(Dr.HOUSE)」
  • 「ロスト」
2008 MAD MEN マッドメン
予告編→Amazon→
  • 「ボストン・リーガル」
  • 「ダメージ」
  • 「デクスター~警察官は殺人鬼」
  • 「ドクター・ハウス(Dr.HOUSE)」
  • 「ロスト」
2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
予告編(字幕なし)→Amazon→
  • 「ボストン・リーガル」
  • 「ヒーローズ(HEROES)」
  • 「ドクター・ハウス(Dr.HOUSE)」
  • 「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」
2006 24 -TWENTY FOUR-
Amazon→
  • 「ドクター・ハウス(Dr.HOUSE)」
  • 「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」
  • 「ザ・ホワイトハウス」
  • 「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」
2005 LOST(ロスト)
Amazon→
  • 「ザ・ホワイトハウス」
  • 「シックス・フィート・アンダー」
  • 「デッドウッド~銃とSEXとワイルドタウン」
  • 「24 -TWENTY FOUR-」
2004 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
予告編(字幕なし)→Amazon→
  • 「ザ・ホワイトハウス」
  • 「CSI:科学捜査班」
  • 「Joan of Arcadia」
  • 「24 -TWENTY FOUR-」
2003 ザ・ホワイトハウス
予告編(字幕なし)→Amazon→

4年連続で受賞。大統領補佐官や報道官らのチームが、内外の難問と格闘する政治ドラマ。

原題の「ザ・ウエスト・ウイング」は大統領執務室のこと。リベラルで理想家肌の民主党大統領(マーチン・シーン)が主人公。湾岸危機、スペースシャトル、議会との衝突など現実にあるような問題を取り上げ、解決までの人間ドラマを描く手法が人気を集めた。
  • 「ザ・ソプラノズ」
  • 「CSI:科学捜査班」
  • 「シックス・フィート・アンダー」
  • 「24 -TWENTY FOUR-」
2002 ザ・ホワイトハウス
予告編(字幕なし)→Amazon→
  • 「シックス・フィート・アンダー」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「C.S.I.:科学捜査班」
  • 「24 -TWENTY FOUR-」
2001 ザ・ホワイトハウス
予告編(字幕なし)→Amazon→
  • 「ザ・ソプラノズ」
  • 「ザ・プラクティス」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「ER 緊急救命室」
2000 ザ・ホワイトハウス
予告編(字幕なし)→Amazon→
  • 「ザ・ソプラノズ」
  • 「ザ・プラクティス」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「ER 緊急救命室」

1990年代

1990年~1999年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1999 「ザ・プラクティス」
  • 「ザ・ソプラノズ」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「ER 緊急救命室」
  • 「NYPDブルー」
1998 「ザ・プラクティス」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「ER 緊急救命室」
  • 「NYPDブルー」
  • 「Xファイル」
1997 「ロー&オーダー」
  • 「シカゴホープ」
  • 「ER 緊急救命室」
  • 「NYPDブルー」
  • 「Xファイル」
1996 「ER 緊急救命室」

救急患者の治療に当たる医師と看護婦たちの日常をリアルに描く。 医学用語が飛び交う生々しい治療シーンに加え、小型カメラを駆使したスピード感あふれる展開、多種多様なエピソードを断片的につなげていくテンポの良さなど、ドキュメンタリーさながらの演出は、従来のドラマにないスタイルを確立した。

原案・制作総指揮は、「ジュラシック・パーク」などで知られる作家マイケル・クライトン。 制作は映画監督スティーブン・スピルバーグ率いる番組制作会社アンブリン・テレビジョン。

原案は、クライトンがハーバード大医学部に在籍中の1974年に書かれた。 20年を経た1993年にドラマ化が決まり、1994年春から撮影がスタート。 1994年9月の放送開始とともに、全米で大旋風を巻き起こした。

主な登場人物は、ERスタッフドクターのグリーン(アンソニー・エドワーズ)、ハンサムなER小児科特別研修医ロス(ジョージ・クルーニー)、新米医師のカーター(ワイリー)、ER看護婦長ハサウェイ(ジュリアナ・マルグリース)、完全主義の外科医ベントン(エリク・ラ・サル)など。

このほかにも、1回の放送で、せりふがある役は100人以上になることも多く、それぞれが個性豊かなキャラクターを展開していく。
  • 「シカゴホープ」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「NYPDブルー」
  • 「Xファイル」
1995 「NYPDブルー」
  • 「シカゴホープ」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「ER 緊急救命室」
  • 「Xファイル」
1994 「ピケット・フェンス」
  • 「スタートレック:The Next Generation」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「たどりつけばアラスカ」
  • 「NYPDブルー」
1993 「ピケット・フェンス」
  • 「Homefront」
  • 「I'll Fly Away」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「たどりつけばアラスカ」
1992 「たどりつけばアラスカ」
  • 「I'll Fly Away」
  • 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「ロー&オーダー」
  • 「タイムマシーンにお願い」
1991 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「チャイナ・ビーチ」
  • 「たどりつけばアラスカ」
  • 「タイムマシーンにお願い」
  • 「ナイスサーティーズ」
1990 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「チャイナ・ビーチ」
  • 「タイムマシーンにお願い」
  • 「ナイスサーティーズ」
  • 「ツイン・ピークス」

1980年代

1980年~1989年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1989 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「美女と野獣」
  • 「チャイナ・ビーチ」
  • 「ナイスサーティーズ」
  • 「ダーティ・ブル」
1988 「ナイスサーティーズ」
  • 「美女と野獣」
  • 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「St. Elsewhere」
  • 「Rumpole of the Bailey」
1987 「L.A.ロー 七人の弁護士」
  • 「女刑事キャグニー&レイシー」
  • 「こちらブルームーン探偵社」
  • 「ジェシカおばさんの事件簿」
  • 「St. Elsewhere」
1986 「女刑事キャグニー&レイシー」
  • 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「こちらブルームーン探偵社」
  • 「ジェシカおばさんの事件簿」
  • 「St. Elsewhere」
1985 「女刑事キャグニー&レイシー」
  • 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「特捜刑事マイアミ・バイス」
  • 「ジェシカおばさんの事件簿」
  • 「St. Elsewhere」
1984 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「女刑事キャグニー&レイシー」
  • 「Fame」
  • 「私立探偵マグナム」
  • 「St. Elsewhere」
1983 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「女刑事キャグニー&レイシー」
  • 「Fame」
  • 「私立探偵マグナム」
  • 「St. Elsewhere」
1982 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「ダイナスティ」
  • 「Fame」
  • 「事件記者ルー・グラント」
  • 「私立探偵マグナム」
1981 「ヒルストリート・ブルース」
  • 「ダラス」
  • 「事件記者ルー・グラント」
  • 「ドクター刑事クインシー」
  • 「The White Shadow」
1980 「事件記者ルー・グラント」
  • 「ダラス」
  • 「Family」
  • 「ロックフォードの事件メモ」
  • 「The White Shadow」

1970年代

1970年~1979年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1979 「事件記者ルー・グラント」
  • 「ペーパー・チェイス」
  • 「ロックフォードの事件メモ」
1978 「ロックフォードの事件メモ」
  • 「刑事コロンボ」
  • 「Family」
  • 「事件記者ルー・グラント」
  • 「Dr.刑事クインシー」
1977 「Upstairs, Downstairs」
  • 「Baretta」
  • 「刑事コロンボ」
  • 「Family」
  • 「ポリス・ストーリー」
1976 「ポリス・ストーリー」
  • 「Baretta」
  • 「刑事コロンボ」
  • 「The Streets of San Francisco」
1975 「Upstairs, Downstairs」
  • 「刑事コジャック」
  • 「ポリス・ストーリー」
  • 「The Streets of San Francisco」
  • 「The Waltons」
1974 「Upstairs, Downstairs」
  • 「刑事コジャック」
  • 「ポリス・ストーリー」
  • 「The Streets of San Francisco」
  • 「The Waltons」
1973 「The Waltons」
  • 「Cannon」
  • 「刑事コロンボ」
  • 「ハワイ5-0」
  • 「燃えよ! カンフー」
  • 「Mannix」
1972 「エリザベス R」
  • 「刑事コロンボ」
  • 「Mannix」
  • 「ドクター・ウェルビー」
  • 「The Six Wives of Henry VIII」
1971 「The Bold Ones: The Senator」
  • 「The First Churchills」
  • 「鬼警部アイアンサイド」
  • 「ドクター・ウェルビー」
  • 「NET Playhouse」
1970 「ドクター・ウェルビー」
  • 「フォーサイト・サガ」
  • 「鬼警部アイアンサイド」
  • 「The Mod Squad」
  • 「ネーム・オブ・ザ・ゲーム」
  • 「NET Playhouse」

1960年代

1960年~1969年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1969 「NET Playhouse」
  • 「FBIアメリカ連邦警察」
  • 「鬼警部アイアンサイド」
  • 「Judd, for the Defense」
  • 「スパイ大作戦」
  • 「ネーム・オブ・ザ・ゲーム」
1968 「スパイ大作戦」
  • 「おしゃれ(秘)探偵」
  • 「アイ・スパイ」
  • 「NET Playhouse」
  • 「Run for Your Life」
  • 「宇宙大作戦」
1967 「スパイ大作戦」
  • 「おしゃれ(秘)探偵」
  • 「アイ・スパイ」
  • 「Run for Your Life」
  • 「宇宙大作戦」
1966 「逃亡者」
  • 「ボナンザ」
  • 「アイ・スパイ」
  • 「0011ナポレオン・ソロ」
  • 「Slattery's People」
1965 受賞作なし
1964 「弁護士プレストン」
  • 「Bob Hope Presents the Chrysler Theatre」
  • 「East Side/West Side」
  • 「ミスター・ノバック」
  • 「The Richard Boone Show」
1963 「弁護士プレストン」
  • 「Alcoa Premiere」
  • 「ディック・パウエル・ショウ」
  • 「The Eleventh Hour」
  • 「裸の町」
1962 「弁護士プレストン」
  • 「Alcoa Premiere」
  • 「ベン・ケーシー」
  • 「ディック・パウエル・ショウ」
  • 「ホールマーク・ホール・オブ・フェイム」
  • 「裸の町」
1961 「ホールマーク・ホール・オブ・フェイム:マクベス」
  • 「裸の町」
  • 「トワイライト・ゾーン」
  • 「アンタッチャブル」
1960 「Playhouse 90」
  • 「Ford Startime」
  • 「アンタッチャブル」

1950年代

1950年~1959年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1959 「Alcoa-Goodyear Television Playhouse」
(1時間未満部門)
  • 「ヒッチコック劇場」
  • 「ゼネラル・エレクトリック・シアター」
  • 「ロレッタ・ヤング・ショー」
  • 「裸の町」
  • 「ピーター・ガン」
「Playhouse 90」
(1時間以上部門)
  • 「The United States Steel Hour」
1958 「Gunsmoke」
(続きもの部門)
  • 「名犬ラッシー」
  • 「マーベリック」
  • 「弁護士ペリーメイスン」
  • 「Wagon Train」
「Playhouse 90」
(1話完結もの部門)
  • 「ヒッチコック劇場」
  • 「Climax!」
  • 「ホールマーク・ホール・オブ・フェイム」
  • 「Studio One」
1957 受賞作なし
1956 「Producers' Showcase」
  • 「Alcoa-Goodyear Theatre」
  • 「Climax!」
  • 「Studio One」
  • 「The United States Steel Hour」
1955 「The United States Steel Hour」
  • 「Four Star Playhouse」
  • 「Medic」
  • 「The Philco-Goodyear Television Playhouse」
  • 「Studio One」
1954 「The United States Steel Hour」
  • 「Kraft Television Theatre」
  • 「The Philco-Goodyear Television Playhouse」
  • 「ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ」
  • 「Studio One」
1953 「ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ」
  • 「Celanese Theatre」
  • 「Kraft Television Theatre」
  • 「The Philco-Goodyear Television Playhouse」
  • 「Studio One」
1952 「Studio One」
  • 「Celanese Theatre」
  • 「The Philco-Goodyear Television Playhouse」
  • 「Pulitzer Prize Playhouse」
  • 「ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ」
1951 「Pulitzer Prize Playhouse」
  • 「Fireside Theatre」
  • 「Mama」
  • 「The Philco Television Playhouse」
  • 「Studio One」
1950 「The Life of Riley」
(最優秀テレビ映画賞)

1940年代

1949年のドラマ作品賞

受賞者 ノミネート
1949 「Your Show Time」
(最優秀テレビ映画賞)